はじめてバンドのボーカルをすきになりました。

金爆さん、特にキリさんに関することを細々と綴ります。

oh...

前日の夜、遅番で急遽レジを3時間ばかりエンドレスでやってて…ああ、握手会は大変だなあ、と思っていたわたしです。

こんにちは。←

ずっと同じとこで立ちっぱなしは、わたしは腰にきます。(笑)

その後、閉店作業で雨にうたれて濡れネズミ。(涙)

地元のイベントなのに朝起きるの辛かったあー!

それでもホワイトデー動画を再生。←

君のスカートが短くて…って?みたいな。(笑)

前日疲れ果てた寝起きの頭でも笑えました。
ありがとう、キリさん!←

さてさて。

ボンバーさん握手会!
新潟ふるさと村!
行って来ましたああああああ!

今回自宅からちょっと遠かったので、ママン運転手を会場に売っている鮮魚や食べ物で釣り(笑)2人でいざ!ふるさと村!

もうさー。
受け付けも握手するまでもとにかく列ぶからまだまだ極寒の新潟でやるのは過酷!サバイバル!←

前日の疲労が蓄積してるのに!
三十路だから勢いだけで行けないのに!←

歌広さんが万代橋にチューリップが咲いてなかったってブログに書いてたけど、そりゃそうだよー!まだ寒いんだよー!って突っ込んじゃったもん。←

まあ、そんなこんなで(笑)オカンと別行動で小一時間程寒さに凍えながら真ん中の広場で待って、やっとこさスタッフさんがメンバーの元へ誘導し出したんだけど。

植物園の中を通されたから、どこ行くんだろう?この先に何かあったっけ?って思ったら奥の茶道室みたいな古民家だった!(笑)

ふるさと村、何度も来てるけど存在すら忘れてたわ!(笑)

ここってこんな風に借りれるんだねー。(笑)

ちなみにキリさん家はトイレもあったし、やたら静かでパテーションも真っ白だったから田舎の病院みたいだった。(笑)

握手は始まってしまえばあっという間で。
この時パテーションの裏でスタッフさんにリストバンド切ってもらっている時もとにかく寒いってことしか考えてなかったわたし。←

あんなにも何を話そうか考えて、三十路らしい話題を考えていたのに。(笑)

緊張しないとかではなく、ただバカなだけだと今なら言えるわ。(笑)

どうぞーって言われてパテーションの裏のキリさんの元へ。

わあー!本物!
ラクダ!腕まくり!タミヤ
黒のシャカパン!
頭おっきい!身体は細い!
背はわたしとおんなじくらい!

…ってことは考えた。←

でも言おうとしてたことより、キリさんの手が暖かくて思わず

「(手が)あったかあーい…。」by.30歳の私。

バカか!(笑)(笑)(笑)

キリさんで暖をとってんじゃねー!
あんな神聖なキリさんの手で!(笑)

でもね!そしたらね!
キリさんが「もっと触っていいよ。」みたいなことを静かなトーンで言ってくれたんですよ。

それがまた男前で男前で震えて何も言えなかった。(笑)

もうこの辺で事前に言おうと思ってたことはぶっ飛んでるので時間を余らせるわたし。←

焦って、怯えながら「これからも楽しみにしてますー。」って言うわたしに優しく「ありがとうー。」って言ってくれたキリさん。

しかもその流れで右腕揉んでくれたんだよねー。

もうそれに心底ハッ!とした!(笑)

多分そのまま「ありがとうございました。」とか呟きながら出て来たと思う。(笑)

わたし…多分…ずっと真顔だったと思う。(笑)(笑)(笑)

もう!バカか!(笑)(笑)(笑)

わたしはバカか!(笑)(笑)(笑)

キリさん家から出て来たら、やっとこさ我に返って自分の不甲斐なさに笑えてしまって早歩きで逃げ帰って来ました。←

オカンと合流したら早速ラーメンをせびられ、キリさんと握手した直後にラーメンをすすったわたし。←

あんなにふわふわした気持ちでラーメン食べたの生まれて初めて。(笑)

その後、刺身と蟹をオカンに奢って、いざ帰ろうと思ったらバンギャさんに声を掛けられて普通に話してるオカン。(笑)

わたしを待ってる間に仲良くなったとかで、わたしより握手会を満喫してるような気がしたよ…。(笑)

いやー。
寒かった!とにかく寒かった!

結果これだ!

わたしはバカだ!

これが三十路のわたしの限界だ!

以上、まとめ。←

キリさんってよくかわいいって表現されるけど、わたしの中ではかなり男なんだよねー。

いや、男ってか漢って感じ!

しかも今日なんて背中に窓があったから後光が射してるみたいで神々しかった!(笑)

もうなんか…ごちそうさまでした。←

手、あったかかったわあー。(笑)