はじめてバンドのボーカルをすきになりました。

金爆さん、特にキリさんに関することを細々と綴ります。

ファンクラブ限定ライブツアー MUKASHINO KINBAKU にいがた!

今年も地元でボンバーさんのライブが見れるって本当にありがたいことだなあ、と噛み締めながら行って来ました!新潟県民会館!\(^o^)/

お席は9列目の上手!

f:id:mikachuuuu:20170626213628j:image

これがさあ、入ってみて発覚するんだけど…まさかのぼっち席だった!(笑)
座席表だとここなんだけど。

f:id:mikachuuuu:20170626213557j:image

わたしの隣の3席と前列全部が機材の関係でつぶされてたみたいで誰もいなくて。(笑)
とにかく見晴らしのいいぼっち席でねぇ…。(笑)
考え方によっちゃあメンバーに見られやすい席で喜ぶ人もいるだろうけど、わたしは公開処刑みたいな気持ちが薄っすらありましたよ。(笑)

さて。今回も内容はネタバレNGだから書けないけど公演毎に変えている演劇部分はネタバレOKとのことなので自分用備忘録として記しておきまする(^-^)

新潟公演の演劇は「ピッチが鳴らなくて…」
ピッチってPHSでしょ?古っ!って冒頭から思ってた。(笑)

主人公は鬼龍院翔、高校1年生。
彼は通学の電車で時々見かける歌広場先輩が気になっていた…癖に本命は同じクラスの人気者の喜矢武くん。というなかなかのミーハー具合である。(笑)
席替えで隣の席になったことをきっかけに喜矢武くんと懐かしの赤外線通信(笑)で連絡先を交換する。
その夜、喜矢武くんからメールが届いて喜ぶ鬼龍院。
でも人気者の喜矢武くんが自分のことなど相手にするわけがないと思い、想いを封じ込んでいた。

「愛してると言えなくて」

ここでやっとこさ登場の研二先輩(笑)に好きな人はいないのかと聞かれ何故か喜矢武くんへの気持ちを隠して歌広場先輩が気になっていると打ち明ける鬼龍院。
その言葉を信じた研二先輩が歌広場先輩に告白の場を設けてもらい鬼龍院は流されるままに告白をする。
フラれることを期待していたのに幸か不幸か歌広場先輩も鬼龍院を気になっていたと打ち明け付き合うことになる。
ちなみに歌広場先輩はツートンのカツラがコスプレ感ムンムンだった。(笑)
そんな付き合った鬼龍院と歌広場先輩の姿を目撃してしまう喜矢武くん。
まさかの電車内からすれ違い様で。(笑)
つり革に掴まって横歩きで過ぎ去って行く喜矢武くんがめちゃくちゃ面白かった。(笑)
そんなこんなにプラスして歌広場先輩の束縛なんかもあり喜矢武くんとは疎遠になってしまい、そのままクラスも別れてしまう鬼龍院。

「ごめんね、愛してる」

それから1年ほど付き合うが…いや、よく1年も付き合ったなとも思ったが(笑)結局歌広場先輩とは別れ、喜矢武くんとも疎遠のまま。

「君がいない間に」

卒業式の日を迎え、1人教室で佇む鬼龍院のもとに戻り喜矢武くんが現れる。だと思ってた。(笑)
そしてお互いの気持ちを伝えもちろん両思いだったことが発覚してめでたくゴールイン!

「幸せな歌」

てな感じだった(^-^)
この演劇の「君がいない間に」すっごく感動したんだよなー!
ちょっと泣きそうになるくらいだったし、キリさんの感情の込め具合とか最高だった!
でもよくよく考えてみるとこんなぶっとんだ演劇を見て、その中の一曲に感動するってどうかしてるなって思ったな。(笑)

あとキリさんがブログで告知?質問?してた自己紹介的なやつ


客席もキリさんも盛り上がってたし(笑)ハッピーバースデーも自分で音頭をとって歌ってた!\(^o^)/(笑)

あとキリさんがライブ後半になるにつれて汗でびちょびちょになったりするやん?
あれ今回まじまじと見たらめちゃくちゃエロくてやばかったー!(笑)
年齢を重ねた色気ムンムンで33歳のキリさんも最高!って思ったもん!(笑)

あとあとステージから去る時に本当に最後の最後まで指の先まで気を抜かずに手を振ってくれるキリさん最高だよね(^-^)
これも毎回そうだけど今回は上手の端っこの席のおかげでメンバーがはけていく下手の袖ギリギリまで見えたから自分が客席から見えなくなるまで気を抜かずにいてくれるキリさんの心意気がだいすきだと改めて思いました。

こんな感じかな(^-^)
あとはネタバレNGだから書けないけど、とにかくまあぶっとんだライブしてたなって感じのライブでした。(笑)
狂ってて(笑)たのしかったよー!\(^o^)/

f:id:mikachuuuu:20170626213518j:image

ついでにブログも備忘録しとく!